Binary Diary

Take Agile で

音ゲーで連奏することってもしかしてPDCAサイクルを超高速で回しているのでは

どうもこたにんです。

音ゲーのことなのか、エンジニアリングのことなのか、曖昧だけど書きます。

音ゲーをガチでやっていると必ず向き合わなければいけない事案。

連奏

連奏です。
連続して演奏します。
同じ曲、同じ譜面を、納得のいくまで、やり続ける。

その修行のような取り組みは、スコアタをする上で当たり前に繰り広げられる光景。
わたし自身も、数百連奏というのはあたりまえにこなしてきたレイヤーの人間。

今は音ゲーガチ勢から離れつつあるので、連奏することはほとんどないですが。
ふと考えたときに思ったのです。

あれ、もしかして、連奏って、PDCAサイクルじゃない?

f:id:Kotanin0:20190314200937j:plain

Plan / Do / Check / Act
これらを繰り返し繰り返していくことじゃない?

  • Plan:目標を定める
  • Do:演奏する
  • Check:どこでグレたか振り返る
  • Act:次に繋げる策を練る

ほらね?PDCAじゃん。
エクセ狙いでも、フルコン狙いでも、フィーバールート探索でも。
このサイクルに当てはめると、すごくしっくりくるんじゃない?

しかもこれ。
音ゲーにおいてのPDCAって、めちゃくちゃ高速なんだよね。

Doの段階、実際に演奏している段階で、CheckとActが決まってるんだよね。
「あれやっぱここグレるな、もしかしてズレてる?次は打順変えてみよう」
って、プレイ中に考えるんだよね。

最高に早いPDCA回ってるよね。

この気付き、何かに還元できないだろうか。
たとえば、音ゲー採用みたいなことやって、PDCA早く回せるひと採用!みたいな。

楽しそうじゃん音ゲー採用!