Binary Diary

Take Agile で

時間効率を計ること

どうもこたにんです。

 

時間効率を計ること、って大事だよね。

 

何か事務的な作業をこなすときがままあると思います。

  • 数百ある書類を捌かなければいけないとき
  • リセマラをしなければいけないとき
  • 刺身にたんぽぽを乗せなければいけないとき

まあいろいろあるかと思います。

 

そのときに、無闇矢鱈に作業をこなし続けるのはNoGood。

時間効率を計ること、がとても有用です。

 

書類を1枚捌くのに5分かかり、それが600枚あったとします。

全てにかかる時間は単純計算で3000分、50時間。

 

刺身にたんぽぽを1個乗せるのに10秒かかり、それが60000個あったとします。

全てにかかるのは600000秒、10000分、166時間。

 

これらは時間で計ると、何がどれくらいかかるのかを数値で出せる。

数値で出すと、分析できる。

時間効率を出すことで、改善が回せる。

そこでさらに時間効率を上げることができる。

効率が上がる。

 

効率を上げるには定性的感覚的ではダメ。

数値ベースで定量的に。