Binary Diary

Take Agile で

自分で書いたプログラムにキャラクターをつけて愛でる

どうもこたにんです。

わたし、一番好きな言語がJavaScriptなのです。
なぜかというと、小学生のときにはじめて触れたプログラミング言語なのです。

というのはこのセルフインタビューに書かれているのでぜひ読んでね。


で。
JavaScriptに、キャラクターをつけて愛でるんですけど。
上の記事でも書かせてもらってるんですけど。

例えばLOHACOのトップページで非同期で画面描画してくれるのは、運動部のマネージャーみたいな健気な女の子。
全ページで呼ばれるナビゲーションメニューを作ってくれるのは、副生徒会長みたいな荘厳な男の子。
やっぱTOPページの非同期の処理可愛いなあ!みたいな。伝わる?

伝わる?

でもよくエンジニアとかプログラマって、我が子のようにとか、言うじゃん。
自分が作ったプロダクトやサービスやシステムを、そうやって可愛がるじゃん。
それと多分論理は同じだと思うんだけどなあ。

自分が書いたプログラムを可愛がる、いいじゃん。
何かプログラム書くときって、書き出す前になんとなくアーキのイメージするじゃん。
そのとき、こう、メソッドの結合度とか、処理の流れとかとかでさ、あるじゃん。

「あ、このスクリプト、絶対可愛くなるぞ」

って。
伝わる?

つい最近、BacklogとAtlassian系APIを使い倒すスクリプト書いたんだけどね。
ち夢中で書きすぎて、できあがったときにはすごい足の速い陸上部の子ができた。

なんか、らしくないけど、すごい感覚的なものなんだけど。
今度またスクリプト書く機会あったら、どういうタイミングでそれを感じるのかを意識してみます。

この記事はただシンプルに、こういう変質の人間がいるということの共有でした。
今まで巡り合ったことないな、この波長に同調するひと。

いたらランチいきましょう。