Binary Diary

Take Agile で

ストレングス・ファインダー を受けてみたぞ

どうもこたにんです。

自己分析、チームビルディングのツールとして何かと話題の ストレングス・ファインダー
そういえばわたし、過去に受けてたなあと思い、記事にします。

ストレングス・ファインダーとは?

WEBで診断できる「自分の強みを発見する」分析ツールです。

 書籍はこちら。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
 

書籍より抜粋

「ほとんどの人は、自分は何が得意かを知っていると思っている。しかし、たいていは間違っている。それでもなお人は、強みによってのみ何かを成し遂げることができる」
 - ピーター・ドラッカー

ストレングス・ファインダーが測定するのは「才能」であって「強み」ではない。
「タレント・ファインダー」ではなく「ストレングス・ファインダー」と名づけたのは、私たちの最終目標がその人の真の強みを築くことにあるからだ(才能は強みの元となる一要素に過ぎない)

端的に言うと、自分の強みを可視化し、可視化された強みをもっと伸ばしていこう。
他者の強みを知り、よりよい活動につなげていこう。

みたいな感じ。

ストレングス・ファインダーを受けるには

受けるにはいくつか方法があります。

  • 書籍を買ったらアクセスコードが付いてくる(1回限り)のでそれを使う
  • WEBでアクセスコードを買う

どちらでも同じ上記ページで診断できます。

所要時間はだいたい35分くらい。設問数はたぶん100問以上はある。
しっかりお時間と脳のカロリーを確保した上で診断しましょう。
 

ストレングス・ファインダーを受けてみた

お安いプランだと、自分の上位5つの強みを知ることができます。
以下こたにんのつよみ。

  1. 1. 最上志向「影響力」「最上志向」の資質が高い人は、個人や集団の卓越性を高める手段として、強みに注目します。優れたものを最高レベルのものに変えようとします。
  2. 2. 親密性「人間関係構築力」「親密性」の資質が高い人は、他の人たちとの緊密な関係を楽しみます。目標達成のために友人と努力することから、大きな満足感を得ます。
  3. 3. 戦略性「戦略的思考力」「戦略性」の資質が高い人は、目的に向かうための選択肢を想定することができます。いかなる想定に直面しようとも、適切なパターンと問題点を直ちに予測することができます。
  4. 4. 活発性「影響力」「活発性」の資質が高い人は、アイデアを実行に移すことにより結果をもたらします。単に話すだけではなく、いますぐ実行することを望みます。
  5. 5. 着想「戦略的思考力」「着想」の資質が高い人は、新しいアイデアを考えるのが大好きです。見た目には共通点のない現象に、関連性を見出すことができます。


なんとなくわかっていた強みと、自分では意外だなと思ったものもあった。
影響力・戦略的思考力のグループが上位にきて、実行力がでてきてないこともわかった。

それぞれの強みの詳細、もっと伸ばすためのアクションなどが記載されているPDFをダウンロードすることができる。
さらに詳細、全ての強みの順位を知りたい方は、追加支払うと全部見れるらしい。

資質レポート全34資質を順に表示して、各資質の詳しい説明を示します。このレポートをお読みになる場合は、3部構成の説明ビデオもご覧ください。

 

受けてみてわかったこと

  • 親密性の強みを持っていたことに衝撃を受けた
  • 意識的にやっていた活動が、強みに支えられていることを実感した
  • 今後の目標のためにも、強みをさらに生かして動いていけそう
  • 自分の強みを他者に説明することも必要なのでは
  • 自分だけでなく他者の強みを知ることで、このプログラムはより効果を発揮しそう
  • 強みの中でも阻害要因となるものがあったりするので、チームビルディングの指標のひとつにしてみたい(例:最上志向だと問題解決に対してエネルギーを消費してしまうので、回復志向のパートナーを見つける)

自分の強みを再認識し、それをさらに高めるアクションが可視化されることはとても良いですね。
これはただ強みをファウンドするだけでなく、活かしていきたいものです。

ストレングス・ファインダーをどうやって活かすのかしら

実はこれ受けたの1年以上前だし、1年放置してるということは活かしきれていない。。
いい活用方法をご存知の方いたら、教えてください!