Binary Diary

Take Agile で

インタビューを受けてみました!

どうもこたにんです。

セルフインタビューってのをやっていたのです

こたにんといえば、セルフインタビューですよね。

一部で好評な、自虐的な取り組み。
これ書いてもうかれこれ半年経つのか、、、
他のエンジニアたちへのインタビュー、進んでないなあ。

セルフじゃないインタビュー!

とまあ、そんなインタビューなのですが。
ついにようやく、満を持して、セルフじゃないインタビューを受ける機会をいただきまして!
昨日受けたのです、セルフじゃないインタビュー!

コンテンツは2〜3週間程度でローンチされるとのことなので、楽しみに待ちます。

インタビュー内容

あらかじめ先方から依頼のあった内容は以下でした。

目的

エンジニアとして経験しておくべきこと、学ぶべきことなどを明確化すること。それにより、読者(主にエンジニア職への転職を目指している人々)が、転職・キャリアを考える際に役立つこと

内容

  • これからのエンジニア職に求めるスキル
  • 採用担当者としての現代エンジニア採用基準と将来
  • エンジニアに向いている人、向いていない人など

うむ。
すごくアウトラインが明確で、良きでした。

インタビューの学びになります。 
どういう層に何を伝えたいか、ペルソナを明確にする。
そこから、それを伝えるためにはどんな内容にすればいいかを明らかにする。
それを先方(今回だとわたし)に正しく伝える。

とまあ、インタビューを受けてみたぞ、という備忘でした。
すごくたくさん喋ったので、コンテンツとして書き起こされるのが楽しみですね。

そしてこたにん、インタビューはいつでも受け付けています!!