Binary Diary

Take Agile で

16性格診断でENTJ型のわたしのことを掘り下げる

どうもこたにんです。

16性格診断の結果と自分自身を照らし合わせてみる

16性格診断、ご存知でしょうか。

www.16personalities.com

いくつかの質問に答えていき、自分の性格を16個あるものに分類する。
自分のプロファイルの掘り出しや周りとの相互理解をするために有用なツール。

これ、過去にやったことあるのですが。
ふとね、後輩とこういう会話をしました。

『小谷さんって16性格診断したら何になるんですか?』
「ENTJ」
『ぽ………(い)』
「ENTJは一番少ないからね」
『【自分自身の感情と距離を置いていることは、とりわけ周知の事実になっていて、より幅広い人々がそれを直に感じています。】:rolling_on_the_floor_laughing::rolling_on_the_floor_laughing::rolling_on_the_floor_laughing::rolling_on_the_floor_laughing:
「wwwwwww」
『いやめちゃくちゃ笑いました 周 知』

いやたしかに、当たっているとは思っていたけども。
他者がENTJのプロファイル読んで、こうもわたしに当たっていることをネタにするとは。
面白いからいいんだけど。

というわけで、16性格診断によってENTJと判定されているこたにん。
ENTJとはどういう人物なのか、果たして自分はどうなのか、を書き留めてみます。

ENTJ - 指揮官型の性格

今回はこちらの診断結果をもとに深堀りしてみます。

www.16personalities.com

指揮官型の人達は、天性の指導者で、生まれ持ったカリスマ性や自信、権威を示しながら、共通の目標に向けて人々をひとつにまとめます。しかし、その他の道理型とは異なり、無情なほど合理的なことが多いのが特徴で、持ち前の意欲や強い意志、切れ味の良い頭脳を活かして、自分自身に課した目標はどんなものでも達成します。

たしかに、学生の頃から今まで、人を束ねる立ち位置にいることは多い。
それは自分が望んでそうなっている場合がほとんど。
なぜ望むのかというのは、真意としては自分のため、そのために恩を売る的な。
それが「合理的」という言葉にラップされているのかもしれない。

全人口のわずか3%を占めていますが、残りの人口の大半を占める、より気弱で繊細な性格タイプの人々が圧倒されないためには、これくらいの割合がちょうどよいのでしょう。とはいうものの、私たちが日頃当たり前のように目にしている企業や機関の多くがあるのは、指揮官型の人達のおかげなのです。

ENTJが母数の中での割合として一番少ないとは聞いたことがある。
し、自分の人生経験においても、同じプロファイルや考え方を持った人はとても少ない。

自分の好きなことで、大なり小なりやりがいがあり、時間と資源が十分にあると確信した目標は、どんなものでもやり遂げることから、起業家として輝かしい成功を納めています。また、戦略的に物事を考え、長期にわたり集中しながら、強い決意と精度へのこだわりをもって、計画の各過程を遂行できる能力により、実業家としてパワフルに活躍しています。

好きなことをやり遂げる、というのはまさにそうで。
やりがいを見出してやれることをやりきる、っていう癖はとても付いていると思う。
また、なにかやるにしても先を見るというのはとても気をつけているかもしれない。
目先のことだけでなく、その先に何があるか、そのために何をすれば良いのか。
逆算的なね。

この意志の強さが、自己実現の予言となることが多く、他の人ならあきらめるような状況の中で、純然たる意志の力で目標に向かい前進します。また、その外向型の気質により、他人を巻き込みながら、その過程の中で素晴らしい成果を生み出します。

「夢は語ると実現する」だとか「いけるなら絶対いっとけ」だとか。
そういったポジティブな考え方が当たり前で、そうやって過ごしてきた。
その結果、達成できたこともたくさんあるし失敗したこともたくさんある。
ときには自己暗示のように進んでいく、前じゃなくて上に。

交渉の場では、それが仕事上の交渉であれ、車を購入する際の値段交渉であれ、支配的で情け容赦なく、執拗な態度で挑みます。これは、指揮官型の人達が本質的に冷酷または悪質だからではありません。むしろ、こうした環境で味わえる挑戦や知力の戦い、機知に富んだやり取りを心から楽しんでいるためで、相手がそれに持ちこたえられない場合でも、自身の核である決定的な勝利を収めるという信条を曲げる理由など全くないのです。

あのね、すごくよくわかるしすごく同意なんだけど。
この節の冷たさハンパないよね?
たしかに理詰めがエグいってよく言われる。
(たいていお店などで問い合わせとかするときに如実に出るらしい)
それを楽しんでるってのがエグみポイントで、それすらも自覚してることがまたエグみ。

指揮官型の人達の頭の中には、「血も涙もない鬼だと思われても構わないさ。自分が有能な鬼のままでいる限りはね」といったような思考が根底にあるのかもしれません。
指揮官型の人達が一目置くような人がいるとしたら、それは、自分に知性で対抗できる人や、自分と同じくらい精度や質にこだわりを持てる人です。

まさにそう。
論理的なスキルや能力が備わっているのであれば、そこに感情を必要としない。
なのでやっぱり同じ考え方や立ち居振る舞いの人とは、話しやすいよね。
実際いまのわたしの周りに、かなり近しい(と思ってる)考えをする方がいるけど。
その方と話しているときはとても共鳴みが高い。

また、指揮官型の人達には他人の才能を見抜く力があり、この特殊な能力を活かして、チームを構築したり(どんなに賢い人でも、ひとりですべてをこなすことはできません)、極端に横柄またはへりくだった態度を示すのを思い止まったりしています。しかし、冷たいほど無神経な態度で他人の失敗を指摘する特殊な能力もあり、これが本格的なトラブルの引き金になります。

「ひとりですべてをこなすことはできません」がその通り。
人って、弱みをなくそうとするんですよ、弱点克服ってやつです。
それは悪くないのですが、役に立つかと言われたらそうじゃない。
弱みじゃなくて強みにフォーカスしてこそ、その人の最高のパフォーマンスが出せる。
なので、弱みを補える強みの人とチームしたり、強み同士の掛け算を考えたり。
そういったことは、今までの人生ではかなりやってきた気がする。

分析家は皆、感情表現が得意ではありませんが、指揮官型の人達の場合、その外向型の気質により、自分自身の感情と距離を置いていることは、とりわけ周知の事実になっていて、より幅広い人々がそれを直に感じています。特にビジネスにおいて、効率が悪く無能、または怠惰であると見なした人に対しては、情け容赦しません。

ここ、冒頭のくだりな。
「感情がない」というのがここ2ヶ月のパワーフレーズだったから面白い。
この節ってかなり恐ろしい段落だと思うんだけど、特にこれ。
『効率が悪く無能、または怠惰であると見なした人に対しては、情け容赦しません。』
まじでこれな、自他ともに認めるこれな。
情け容赦しない、ってのが、まじで怖いらしい。

指揮官型の人達にとって、感情を表すことは弱さを示すことで、この考え方がもとで、敵を作りやすい一面もあります。チームが機能しているからこそ、目標を達成できるだけではなく、確認やフィードバックを得られていることを忘れないようにしましょう。不思議なことに、指揮官型の人達は検証やフィードバックに対して非常に敏感です。

難しいよね、敵って。
自分が作りたいわけじゃなくて、何かの結果自然と作られてしまうんだよね。
でもその敵というのも、よくよく見れば可愛くて。
すごい歯向かったり強い目を向けたりしてくることって、それって好きじゃんって思う。
すごいすごい好きだから敵対心を出すんでしょ、あー可愛い。

司令官タイプは真の原動力であり、堂々としたイメージをつくりだします。そして大抵の場合、このイメージは正しいものとなっています。

自信満々威風堂々いぇい。

この性格特性を持つ人は、自分の評判は、自分自身の行動ばかりではなく、それを支えるチームの行動によるものであることを忘れてはなりません。また、支援ネットワークの貢献、才能、特に感情面での必要を認識することが重要であることを心に留め置く必要があります。

チームワークとは、強みの相互作用のためには必要不可欠です。
そしてわたしに不足している(と言われている)感情面の理解も必要です。
そこが欠けすぎていて、失敗した経験は多いので。

例え「達成するまで我慢」という方策を取らなければならないとしても、感情面で健康な焦点を他の長所に加えられれば、司令官タイプは深く、満足度の高い関係を享受でき、またあらゆる勝利を楽しむことが出来ます。

「感情はコントロールできない」とか言われるけど。
じゃあコントロールできないものはいらない、ってなっちゃうんだよね。
その合理的な部分が、味方を増やしたり敵を作ったりするんでしょう。
ただそれは周りに感じ取ってもらおうがどうでもよくて。
結果的に、ここでいう勝利、成功、そういったものに繋がれば良いんだよね。

自分を振り返って強みを伸ばす

以上、ENTJの結果にコメントを入れていってみた。
ストレングスファインダーもそうだけど、強みが言語化されるのは素敵。
自覚しているものとそうでないもの、いろいろあると思う。
診断ってわりと当たるし、糧になるし、材料になるから、おすすめだよ。