Binary Diary

今を一番楽しんでいこうMy Life

ごめんねまでのリードタイム

f:id:Kotanin0:20190902215317j:plain


どうもこたにんです。

会話をしている中で、こんなパワーワードが生まれました。

「ごめんねまでのリードタイム」

この、アニメのエンディング曲の曲名のようなワード。
これにはちゃんと生まれた経緯があります。

ごめんねまでのリードタイム

謝る、ってすごく大事なことだよね、という話。

何か会話をしていると、他意もなく相手と対立してしまう場面って、ままあります。
そのときは気付かず、後に冷静になったときにふと、ごめんねの感情が芽生える。
そこでようやく、ごめんねを伝えたくなる。

それが、ごめんねまでのリードタイム。

そのリードタイムをいかに短くできるのか。
言い換えると、どれだけ早く冷静になれるのか。
それがコミュニケーションを活性化させ、パフォーマンスを向上させることにつながる。
 

ごめんねまでのリードタイムを短くする方法

ではそのリードタイムを短くするにはどうしたらいいのか。
アンガーマネジメントの考え方になってきます。

一番いいのは、起こってしまった怒った事案からふりかえることです。
が、それはなかなか難しいです。
当事者だからどうしても主観的感情的になってしまいます。

なのでまずは、信頼できる人に腹割って相談してみるのが良いです。
そうすることで、事実とそのときの感情を言語化できます。
さらに、第三者に俯瞰してもらって、主観でわからなかった気付きが得られます。
(誰に相談するか、がとても重要ですが。)
 

結果としてリードタイムは短くなる

ごめんねまでのリードタイムを短くすることを目的にしてはいけないです。
それは手段の目的化です。
より良いコミュニケーションをするため、という目的を忘れてはいけないです。

俯瞰した意見をもらったり、内省したり、言語化したり。
そこから少しずつマインドチェンジしていく。
その結果、気付いたときには短くなっているのです。 

それでは聴いてください。
ごめんねまでのリードタイム。