Binary Diary

so beautiful beautifulさ

GASをライブラリ化して公開するまでの簡単ステップ!

どうもこたにんです。

先日、GASライブラリ『GASlack』を公開しました。

ライブラリ公開にあたって、いくつかの手順を踏みましたが案外簡単でした。
ので、公開までにパシャパシャと撮ったキャプチャを貼りつつ、振り返ります。

 



 

GASライブラリを公開するまでの流れ

GCPでプロジェクト立てる

ライブラリを公開するには、GCPにプロジェクトを立てておく必要があります。
名前とかはなんでもいいので、さくっと立てておきましょう。

f:id:Kotanin0:20200206000202p:plain

プロジェクト番号があとで必要になります、控えておきましょう。

GCPOAuth認証を通しておく

左メニューから [認証情報] メニューを開きます。

f:id:Kotanin0:20200202111206p:plain

認証情報を作成から、OAuth クライアント IDを発行します。

f:id:Kotanin0:20200202111301p:plain

外部、で。

f:id:Kotanin0:20200202111331p:plain

作成して終わり。

GAS側でGCPのプロジェクトと紐付ける

GAS側で、ライブラリ化したいスクリプトを開き、Cloud Platform プロジェクトを選びます。

f:id:Kotanin0:20200202111042p:plain

 
プロジェクトを紐付けろと言われるので、先ほどのプロジェクト番号を入力します。

f:id:Kotanin0:20200202111115p:plain

OAuthが上手く設定できないと、このように怒られます。

f:id:Kotanin0:20200202111144p:plain

うまくいくと、紐付きます。

f:id:Kotanin0:20200206000911p:plain

公開用 API ID を発行する

スクリプトを外部公開するために、API IDを発行します。

f:id:Kotanin0:20200202111024p:plain


メニュー押していけばすぐできます。

f:id:Kotanin0:20200202113318p:plain

このAPI IDがそのまま、ライブラリのIDになります。
おわり!

ね?めちゃくちゃ簡単でしょ?
よく使う共通機能は積極的にライブラリ化していくといいね!!