Binary Diary

ありのままでいいのかな

「教えられられないこと」にこそ意味がある

どうもこたにんです。

「教えられること」と「教えられないこと」

f:id:Kotanin0:20200703220547p:plain

誰かによって教わることってあるかと思います。

学校の先生から勉強を教わる。
ダンスの講師から踊り方を教わる。
先輩社員から技術を教わる。

いろんな場面で「教えられること」があるかと思います。
でもこれらのことって、教えることは簡単です。
だっていずれも「教科書」というものがあり、正解があるからです。

勉強なんて絶対的な知識を覚えるだけだし、ダンスも決まった振り付けを覚える。
技術も同じです、答えや定石があってそれを身に付けるのです。

ただ、それだけではない。
「教えられないこと」というものがあります。

勉強をするための勉強法。
ダンスでより感情を表現する。
技術を組み合わせる着想。

教科書通りに、体系的に教えられること以上のこと。
個々人の性質や考え方、環境などでも変わってくること。

これは「教えられないこと」です。
やり方や適応のためのコツを伝えることはできても、きちんと教えることはできないです。
教わった通りにやるにしても、個人の感覚や感性によって大きく結果が変わるからです。

「教えられないこと」にこそ意味がある

この「教えられないこと」にこそ、大きな意味があるんじゃないのかなって思う。
人それぞれで変わってくる、文字通り「個性」が現れるものなのかなって思う。

教わった通りにすることなど、要はクローントルーパーです、量産型です。
もっと言うと、それらを自動で行えるロボットがあれば十分です。

言い換えると、「教えられないこと」があるからこそ個の価値というものが出ます。

ロボットでは実現できない、クローンさせることのできない、個の思考。
何をどう考えて何をどう導いていくのか、教わったことをどう自分らしく活かすのか。
教わったことを教わった通りにするだけでなく、新しい価値を出していく。

そこにこそ、大事な大事な意味があるんじゃないかな。

仕事の考え方、立ち居振る舞い。
人との接し方、言葉選び。
時間の使い方、優先度。

自分で考えて自分で答えを導く。

胸を張って誇れるもんが自分にどれだけあるのかって。
そいつをさあ精一杯の、大口で耽美に語ればいい。

って藤原基央さんも言ってたよ。


ああ。。。
「教」って文字がゲシュタルト崩壊した。