Binary Diary

ありのままでいいのかな

令和元年!弊社知識王頂上決戦 開催レポート

どうもこたにんです。

令和元年!知識王頂上決戦 開催レポート

先日、社内の同僚たちでクイズ大会をしました。
タイトルは『令和元年!知識王決定戦』です。

開催のきっかけ

社内の同僚たちで地味にクイズアプリが流行っていたのです。

みんなで早押しクイズ

みんなで早押しクイズ

  • Takatoshi Kobayashi
  • ゲーム
  • 無料

apps.apple.com

このアプリ、オンラインでの1vs1あるいは多人数の早押しクイズが楽しめる。
だけではなく、フレンド同士でクローズドの部屋を立ててクイズを楽しめる。

何人かでちょいちょい遊んでいたので、せっかくならと社内同好会を結成。
「クイズ研究会」なるSlackチャネルが爆誕したのです。

いうても発足して2ヶ月弱、1,2回しか集まっていなかった。
ので、せっかくの令和元年の年の瀬に、なにかイベントできないかなと企画立案。
そうして生まれたのが『令和元年!知識王決定戦』だったわけです。

大会レギュレーション

『知識王頂上決戦』というタイトル争奪なので、レギュレーションをしっかりと定義しました。

令和元年! 知識王頂上決戦# 日時・参加条件
時間:2019/12/16(月) 18:30〜飽きるまで
参加条件:みんはやをインストールしていること

# ルール:予選
- 参加者全員でのフリーマッチ
- 出題はB帯
- 回答者1名、1問10pt、誤答-10pt、誤答3回で失格、50pt勝ち抜け
- 勝ち抜けた人を除いてフリーマッチを繰り返し、予選順位を決める

# ルール:本戦
- 予選順位をもとにトーナメントを作成
- 1対1のフリーマッチ
- 出題はA,B,Cのくじを用意して引いたものとする
- みんはや準拠(50pt先取、誤答-10pt、失格なし、50pt勝ち抜け)
- 合計3マッチのうち2マッチ先取で勝利

基本的にすべてみんはやのゲーム内ルール準拠。
参加人数が6名程度であることから、全員に勝ちの目が生まれるようなルール設定。
音ゲーで大会企画慣れしていたのが功を奏した。
 

賞品を出したぜ

また、せっかくのタイトルマッチなので賞品を用意しました。

# 賞品
優勝:とても素敵な何か+「弊社初代知識王」の称号
準優勝:素敵な何か
3位以降:特にありません


優勝は、知識検定の受検料負担(7000円)。

www.kentei-uketsuke.com

準優勝には、東大王水上君のクイズ本。

天才頭脳・水上颯の「最強クイズ全書」

天才頭脳・水上颯の「最強クイズ全書」

  • 作者:水上 颯
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/11/30
  • メディア: 単行本
 

 

結果!!!

6名での開催で、新卒エンジニアの後輩が優勝しました!!!
めでたく「弊社初代知識王」の称号と、知識検定の受検資格を獲得!!
わたしは準優勝しまして、自分で用意した賞品を自分で獲得!!

まとめ

クイズって、テレビ番組見てひとりでわいわいしていたけど、みんなでやると楽しい!
そして社内同好会ができるのはとてもよい!刺激になる!
とくにクイズとなると、知識量がとても求められるのでめちゃ刺激になる。

いくつか勉強して、広く深い知識をもっと手に入れたいと思った。
強くなりたい...!!!