Binary Diary

so beautiful beautifulさ

マインド

わたしはいつからわたしのことをわたしと呼び始めたのかふと気になった

どうもこたにんです。 わたしっていつから一人称がわたしになったんだろう ふと思ったのです。わたしって、一人称がわたしなんですけど。わたしはわたし。わたしはいつからわたしのことをわたしと呼び始めたのかふと気になった。 わたしの一人称の変遷 思い…

いいねの数に縛られたハッシュタグから感じる保守的な思想

どうもこたにんです。 #いいねの数だけ自己紹介 というものを目にした Twitterでこういうものが流れてきました。 #いいねの数だけ自己紹介する というハッシュタグとこの画像のツイート。そこに申し訳程度に添えられる控えめな一言。「来ないだろうけど」「…

ブログはとりあえず書いちゃえばいいと思う

どうもこたにんです。 記事を書くことのハードル ブログを書くことについて会話をしているとよく耳にします。「ブログ記事を書くことのハードルが高い」これって一体どういうことなのでしょうか。さくっと簡単に掘り下げてみます。 読者を意識しすぎているの…

「絶対大丈夫だよ!」に対する信頼をどこに置くのか

どうもこたにんです。 「絶対大丈夫だよ!」と聞いて 何を思い浮かべますかね?CCさくらですかね?「なんとかなるよ、絶対だいじょうぶだよ」 ひなビタですかね?ちくわパフェだよ☆CKP BGA 今回話したいのはアニメのことでも音ゲーのことでもありません。信…

貯金に対するマインドチェンジ

どうもこたにんです。 貯金に対するマインドチェンジ 同僚とお金を貯める貯めないの話をしていまして。わたしは基本的に「貯金ができない」タイプなのです。「お金って使ってナンボでしょ?使わずに貯める、という考えができない。」というマインド。それを…

EMのEはEmotionalのE

どうもこたにんです。本記事は Engineering Manager Advent Calendar 2019 13日目の記事です。 あらかじめ共通言語として「エンジニアリングマネージャー」のことを「EM」と省略して記載することを認識ください。 EMのEはEmotionalのE 本記事の結論から。EM…

思考整理のチラ裏をウェブログにしたためる

どうもこたにんです。 どうしても他責にしかできないことがあったので思考整理 思うままに筆を執っています。思考を整理するために、整理できていない現状を打破するために、書き起こしています。なんだかどうして。とある出来事がどうしても他責にしかでき…

「インプット」の三段アクションは「咀嚼」「消化」「吸収」

どうもこたにんです。 「インプット」の三段アクションは「咀嚼」「消化」「吸収」 物事を学習することを「インプット」と呼びます。新たな知見を手に入れることや、技術や業務の知識を手に入れること。それは仕事をする上でもより多彩に生きていく上でも、…

エンジニアが「自分探しの旅」をしたくなったら海外じゃなくて国内の勉強会に行けばいいと思う

どうもこたにんです。 「自分探しの旅」 って、よく聞くじゃないですか。「自分探しの旅に出ます」って。それっていつからか、自分探しが目的じゃなくて旅することが目的になっていそうで。旅の理由付けに「自分探し」を使っている気がします。と、話したい…

「できない」を補完するより「できる」を高める

どうもこたにんです。 「できない」を補完するより「できる」を高める 人には得手不得手というものがあります。得意なこと、できること。苦手なこと、できないこと。 周りを見るから「できない」 できないこと、を何か想像してみてください。そのときって必…

エニアグラム診断で タイプ3(THE ACHIEVER) のわたしのことを掘り下げる

どうもこたにんです。 エニアグラム診断で タイプ3(THE ACHIEVER) のわたしのことを掘り下げる とある記事に以下のようなコメントをいただいた。 16personalityの記事から来ました!ENTJであることをもっと全面に押し出すとリピーターが増えるかもしれません…

「自由」の意味

どうもこたにんです。 「自由」の意味 自由、という言葉があります。 kotobank.jp 自由、ってすごく自由で、なんかいい感じの言葉ですよね。ただ、自由って、何に対してどれだけ自由なのか、自由と引き換えに何を担ったのか、が大事。 青春における「自由」 …

学習に大事なのは「どうやって」学ぶのか

どうもこたにんです。 学習に大事なのは「どうやって」学ぶのか エンジニア採用や育成をやっていると、仕事柄向き合うことが多い「学習」についての話題。特に多く見受けられるのが、プログラミング未就学者や初学者に対する支援。こんな質問をよく受けます…

時間に対する価値基準の違い

どうもこたにんです。 時間の価値をいかに見出すのか 時間とは不可逆なもので、絶対的なものです。過去にこんな記事を書きました。 www.kotanin0.work このときにわたしはこう結論付けました。 今一度、自分の時間の使い方、考え方を整理して掘り下げてみる…

学習に大事なのは「何のために」学ぶのか

どうもこたにんです。 学習に大事なのは「何のために」学ぶのか エンジニア採用や育成をやっていると、仕事柄向き合うことが多い「学習」についての話題。特に多く見受けられるのが、プログラミング未就学者や初学者に対する支援。こんな質問をよく受けます…

毎日ブログ書いてると「思考する」ことが習慣化されて良い

どうもこたにんです。 記事を書くに至るまでの3パターンの思考 毎日何かしらの記事を書いてるんですが、正直何を書くか毎日悩んでいます。日常的に技術に触れてるわけでもなく、固定された趣味があるわけでもなく。ただとにかく、日常の細かな一コマから、ネ…

戦わずしてスーパースターの無敵艦隊

どうもこたにんです。 「無敵」であること 「無敵」、それはとても強い言葉です。誰にも負けない圧倒的な強さを持っている、無敵。敵と呼べる存在がいない、無敵。「無敵」とひとえに言っても、いろんな解釈がありますよね。 「無敵艦隊」 「無敵艦隊」と呼…

20mシャトルランの真実とスキルセットの可視化

どうもこたにんです。 20mシャトルランの真実 「20mシャトルラン」というのを聞いたことがありますでしょうか。学生の頃に体力測定(体力テスト)のいち種目として行うやつです。20mの区間を、音に合わせて往復するアレです。あれって、小中学生時分では、謎…

絵画のジグソーパズルからミクロの視野を得る

どうもこたにんです。 ちょっと前にミュシャ展にいったんですね www.kotanin0.work 黄道十二宮のジグソーパズルを作ったんですね その後、実物の黄道十二宮、ゾディアックに感動してしまい、買いまして。 2000ピース ジグソーパズル 黄道十二宮 スーパースモ…

「IQ(知能指数)が高いこと」が「頭が良い」ことなのか

どうもこたにんです。 頭が良くなりたいと言われて 『頭良くなりたいんです』という相談?願望?雑談?をしまして。「それって、どういうベクトルの頭良いなの?」と掘り下げようとして諦めた。飲んでたし。 IQ、EQ、HQ 頭の良さというのを指標にしたものと…

食器洗いはゲーム感覚で。

どうもこたにんです。 ちょっと嫌なこともゲーム感覚で楽しめる説 ちょっと嫌なこと、ってあるじゃないですか。煩雑な作業だったり、感情を殺さなきゃいけなかったり、ヘイトが溜まるようなこと。そういったことって、ゲーム感覚にしてマインド変えちゃえば…

逃げていては何も解決しない

どうもこたにんです。 いろいろな相談を受けたりしてて思うんです。つらい状況になるとどうしても、逃げたくなるんだな、と。ここで言う「逃げ」というのは、いろんな意味を含んでいます。問題となる事象から物理的な距離を置くための、逃げ。その事象を考え…

「報連相」しないこと

どうもこたにんです。 「報連相するな」 過去にこういう記事を書きました。 www.kotanin0.work 仕事における報連相って、大事なんだよって話。ただこの記事のラストにはこう書いてあります。 上司から「報連相するな!!!」ってめっちゃ言われる。本当に謎…

桃太郎に潜む人間の能力

どうもこたにんです。 桃太郎の登場生物の潰しの効き具合 『桃太郎』は、人間・犬・猿・雉の4種類の生物で、鬼を退治する物語です。これらの生物が選ばれているのはとても理にかなっているのでは、という曲解記事。 犬 原作で犬は、吠えること・スネをめっち…

「やらなくて後悔するよりもやって後悔した方がいい」

どうもこたにんです。 「やらなくて後悔するよりもやって後悔した方がいい」 とある急進派対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースも言ってたよね。その結果、あんな終焉を迎えることになったのだけど。つまり果たして。「やらなくて後悔…

「可視化=能動的」「見える化=受動的」

どうもこたにんです。 「可視化」と「見える化」 「可視化」「見える化」という2つの言葉があります。この言葉たち、実は意味合いと使い方が異なります。混同しないようにするために、さっくりまとめてみましょう。 可視化とは 可視化とは、人間が直接「見る…

これを読めば天下人!徳川家康の残した名言13選

どうもこたにんです。 徳川家康のことを調べてたら素敵な名言をたくさん見つけたので紹介したい こちらの記事。 www.kotanin0.work これを書くにあたって、東照大権現 徳川家康のことを調べてたんです。そしたら彼、とても素敵な名言をたくさん残しておりま…

「見ざる、聞かざる、言わざる」と「心理的安全性」

どうもこたにんです。 見ざる聞かざる言わざる 「三猿」というのをご存知でしょうか。 三猿(さんざる、さんえん)とは3匹の猿が両手でそれぞれ目、耳、口を隠している意匠である。「見ざる、聞かざる、言わざる」という叡智の3つの秘密を示しているとされる…

ごめんねまでのリードタイム

どうもこたにんです。 会話をしている中で、こんなパワーワードが生まれました。 「ごめんねまでのリードタイム」 この、アニメのエンディング曲の曲名のようなワード。これにはちゃんと生まれた経緯があります。 ごめんねまでのリードタイム 謝る、ってすご…

情緒の分化と取捨選択

どうもこたにんです。わたしはよく同僚や後輩にこんなことを言われるのです。 「感情がない」 ふむ。それは仕事上かなり論理的にものごとを判断して言動するからだとは思う。ただ、感情がないは少し違くて。無駄な感情を省いている、という感覚のほうが近い…