Binary Diary

ありのままでいいのかな

「現実」と「実現」

どうもこたにんです。

「現実」と「実現」

f:id:Kotanin0:20200224223521j:plain

「現実」と「実現」って、すごく似てる言葉。
似てるんだけど、ちょっと違うんだなあ。

自分の意思決定の下にあるか?

「現実」というのは、自分の意思決定の下にはないです。
そこにあるもの、リアリティがそこに存在しているもの。
それは自分がいてもいなくても存在する、現実。

「実現」というのは、自分の意思決定の下にあるものです。
何かを成し遂げるために、自分の意志で何かを果たすことです。
それは自分にしかできないこと、実現。

言葉遊びのように見えるけど、これは言葉遊びのような現実です。
「現実」と「実現」には、意思決定の下にあるかどうかの大きな違いがあります。
すなわち、自分自身が存在しえなければいけないかで変わってきます。

「現実」は変えられない

「現実」は自分の意思決定の下にはないと言いました。
ということは現実は変えられないのです。
こんな薄情で無情なことはないです。
ですが、現実にあるものは変えることはできないのです。

ただ、変えようとすることはできます。
それが「実現」です。

「実現」して「現実」をひっくり返す

自分の意志で何かを成し遂げること。
「実現」することで、「現実」に干渉することはできます。

今までの現実にはなかった、新しい何かを「実現」する。
そうすることで、現実に新たに何かを加えることができます。

実現して今までの現実をひっくり返す。

これは言葉遊びです。
が、それが実現するということです。
現実になかったことを実現してこそ、現実になって普遍的なものになるのです。
自分の意志でやったことが、自分の意志に限らず当たり前になるのです。

「現実」と向き合いすぎないこと

「現実」と向き合いすぎると、疲弊します。
そこは抗えないし、基本的には自分でどうすることもできないです。

現実をひっくり返す何かを、実現することに力を割きましょう。
そしたら現実を、変えられるかもしれないです。


それでは聴いてください、Plan 8


Ryu☆ - Plan 8 - Plan 8 (Extended Mix)