Binary Diary

Take Agile で

4つの数字で10を作る!テンパズルを解いてみよう!

どうもこたにんです。

4桁の数字を見ると四則演算で10を作りたくなりませんか?

ナンバープレート、電車の切符、レジのお会計などなど。。
日常生活の中に「4桁の数字」というのは、ありふれています。
そんな素敵な4桁の数字を見ていると、どうしても10を作りたくなります。

よね?
うんうん。
やっぱりみんなそうだよね。

テンパズルと呼ばれているらしい

この10を作るパズルのことを「テンパズル」と呼ぶらしいです。
Wikipediaもあった。

テンパズル - Wikipedia

あるいは「メイクテン(make 10)」とも呼ばれるらしい。

テンパズルのルールって?

ルールはシンプルです。
4桁の数字、4つの数字を使って、+ー✕÷を駆使して答えを10にする計算をします。

たとえば、1234
これはシンプルですね。

1 + 2 + 3 + 4 = 10

足すだけ。

次に、6789
いくつか解き方はあるかと思いますが、これにしましょう。

(9 - 7) ✕ 8 - 6 = 10

掛け算と引き算が出てきました、これもまだわかりやすい系です。

んじゃ続いて、1555
ちょっとだけ解き方が変わります、難易度あがるよー。

5 ✕ (1 + (5 ÷ 5)) = 10

割り算が入ってきました。

このように、4つの数字で10を作るのが、テンパズルです。
ね、シンプルだし、楽しいでしょ!

テンパズルのデータを見てみます

テンパズルは、必ずしもすべて成り立つわけではありません。
4桁の数字から重複を除いた組み合わせは 13C4=715通り、ちゃんと計算した。

f:id:Kotanin0:20190329210842p:plain
その中でも10が作れるのは552通りの数字のパターンらしい。

さらにその552パターンのひとつひとつでも、解法はいくつかあったりします。
解き方が複数あるということですね。

これがテンパズルの真髄!超難問4問!

解き方が複数あるといいましたが、解き方が1通りしかないパターンも存在します。
さらに言うと、1通りしかない上に難易度がとても高いものがあります。

そんなテンパズルの真髄、超難問4問を解いてみましょう...!!
とりあえずまず、その超難問4つ。

9999

1199

1158

3478


ここから先は回答を載せていきますので、パズルに満足したらスクロールしましょう。

9999

((9 ✕ 9) + 9) ÷ 9 = 10

テンパズルの中でも非常にエレガントな問題です。
9という、10に最も近い整数だからこそできる解法。
ああ素敵、美しい。

1199

9 ✕ (1 + (1 ÷ 9)) = 10

テンパズルでは、難易度の高い問題になると分数を用いることがあります。
これは10/9という仮分数、分子が10にしてあげて分母を打ち消す解き方。
わかればスッキリなとても素敵な問題。

1158

8 ÷ (1 - (1 ÷ 5)) = 10

先ほどと似て非なるもの、今度は真分数を作ってさらに繁分数にするという技。
8/(4/5)というわけですね、答えは10ですね。
かなり数学的で素敵な問題。

3478

8 ✕ (3 - (7 ÷ 4)) = 10

テンパズル史上最高難易度の問題、一番難しい(と思っている)問題です。
解き方は先程の1199と同じ感じなのだけど、数字がとてもややこしい。
これは脳内でうまいこと処理して理解してください。
1回解けてしまえばもう怖いものはないです、テンパズルマイスターです。

以上!

これでみなさんも、4桁の数字を見ると10を作りたくなる症候群。
テンパズルシンドロームです、おめでとうございます!