Binary Diary

Take Agile で

「かもしれない」を使えば何でも言えるかもしれない

どうもこたにんです。

「かもしれない」を使えば何でも言えるかもしれない

って言葉を使っていれば、何でも言えるかもしれない。
「かもしれない」にはフレームを曖昧にする力がすごいあるかもしれない。
ここでいうフレームとは、何のテーマで話しているかということ、かもしれない。

曖昧レベルを上げることで内省を促すのかもしれない

「かもしれない」を使うことで、言葉が曖昧になって濁るかもしれない。
濁ることで本質を見つける難易度が上がるかもしれない。
そうすると、自然に内省する機会が増えるのかもしれない。

ふざけたかもしれない

相当ふざけている、内省を促すとかフレームとかそういう次元ではないかもしれない。
ただの悪ふざけで責任逃れしているだけかもしれない。
が、そうじゃないかもしれない。

最後に1曲

この曲を聞いてて、ふと思い立って書いてみたかもしれない。

www.youtube.com