Binary Diary

ありのままでいいのかな

記憶の引き出しを開けるキーは人それぞれ

どうもこたにんです。

歴史という科目がとても苦手だった

f:id:Kotanin0:20200518194625p:plain

中学校でならう基本5科目ってあるじゃないですか、国数社理英。
その中の社会、さらにその中の歴史。

歴史って、年号を覚えるという施策があるじゃないですか。
1192(いい国)作ろう鎌倉幕府、894(白紙)に戻そう遣唐使、とか。

あれって、年号を覚えて、さらにその出来事の背景を覚えるんだと思っています。
鎌倉幕府が誰によってはじまったのかとか、どういう時代だったのかとか。
まあそういったストーリーを知るわけじゃないですか。

なんだかどうしてもそれが苦手で。
なんで苦手なのかはわからないけど、とにかく覚えられないのです。
人とイベントとの関連付けがわからないし、他の出来事とごっちゃになるし。

ストーリーではなく教科書の光景で覚える

かといって試験で低いスコアを出すわけにもいかず。
自分がやっていた方法は「教科書の光景で覚える」というやり方でした。

このやり方にかなり近いんだけど。
用語とか登場人物とかを、教科書に書いてある光景で覚えてしまっていた。

鎌倉幕府というページには必ず源頼朝が書いてある、はず。
試験の問題で「鎌倉幕府を創始した人物は?」と聞かれたら、その光景を思い出す。
そうすると、問題に答えられるわけです。
ストーリーは知らずとも、関係性のある人物は光景で覚えているから。

そういう勉強法を取り続けた結果、歴史がみるみる苦手になっていたわけです。
ストーリーで覚えられず、光景でしか覚えていないから。
他のページでつながっているかどうかを知ることができないわけです。

数字をキーにして覚える

それは出来事だけでなく、出来事が発生した年号すらも。
1192作ろう鎌倉幕府、なんてものはメジャーすぎるのでさすがに覚えている。

他の年号だとどうだろう。
645とか1549とか1600とか、1919とか。
そういった年号は、数字で覚えてしまっている。

「歴史」という知識フレームの中で645と言われたら大化の改新
1549と言われたらキリスト教、1600と言われたら関ヶ原の戦い

そういった具合で、絶対的な数字をキーにして覚えてしまっているわけです。
1024と言ったら2の10乗、とかそういった具合です。

これは歴史に限らず、さまざまな知識フレームでこの覚え方になっています。
数学は言わずもがな、理科や物理や地理、音楽や国語までもがその影響を受けています。

「3大バレエ」と言われたら、「あああの10文字の曲が3曲ね」という引き出しの開け方になってしまっているわけです。
夏目漱石の小説」と言われたら、「漢字2文字のやつと3文字のやつと、ひらがな混じった5文字のやつと...」という引き出しの開け方になってしまうわけです。

誠に遠回りかつ開けづらい引き出しの開け方です。
それでもわたしにとってはその覚え方のほうがしっくりくるし、記憶しやすい。

記憶の引き出しを開けるキーは人それぞれ

シナスタジアとは少し違うけど、わたしの脳には数字が親和性が高いらしい。
わたしが何かを覚えたり思い出したりするときは、記憶の引き出しを開けるキーは数字。

これに共感する人もいるだろうし、しない人もいる、それはわかっている。
記憶の引き出しを開けるキーは人それぞれ。

だからわたしは、この世界から数字という概念がなくなると困るなあって。
とりとめもないまとめかたで終わります。

 

それでは聴いてください。

Image -MATERIAL-