Binary Diary

Take Agile で

金言集を作るといいよって話

どうもこたにんです。

 

金言を授けるシーンが、ままあるんです。

金言については、以前少し話した。 

 今回はそのときに何を話したら良いか、について考える。

というのも最近、突然話を振られることが多くて。
しかもそれはだいたい、複数人いるところ。

さらに振り方は「じゃぁこたにさん、何か一言」ってくらいの雑さ。
素直に、振られて嫌な気分にはならない。

「こたにんならきっと何か話してくれる」というのがあるからだと思ってる。
それは、ありがとう。

ただそのときに、何を話したらいいかな、って。
「急に振られて話しできるのすごいね」って言われたことあるけども。
それはたいていそのとき思いついたことよりも、話のネタとして持っていることが多い。

話しのネタ?

っていうのが、なかなか見つからないのがふつうだし、わたしもそうだった。
だけど今は、わりと話のネタになるようなことはいっぱいある。

それは、このブログを170日以上毎日書き続けてきたおかげ。
何かしら毎日、何かしらを書いている。
ので、話すネタはたくさんある。

イベントレポートやふりかえり、Kickstarterやゲームの話ではなく。
実は、雑談のカテゴリに、話のネタがたくさん詰まっている。

わりと自分で書いたことも覚えているので、これが出典になることが多い。
自分の考えをただただアウトプットしておくだけで、来る日に誰かのインプットにできる。

金言集を作るといいよ

自分なりの考え方や価値観というのは、なかなか明文化する機会はないと思います。
それをメモ帳でもウェブログでもSNSでもいいけど、出していくことはいいこと。

書き起こすことで考えの整理になるし、論理的に深掘りすることもできる。
それが自分を形づくるひとつひとつになる。

さらにその考え方に自信を持っていくことで、さらに自分の糧にする。
自信をつけると、それを人に伝えるときの説得力も増していく。

金言集、作るといいよ。